FC2ブログ

ぐーたらおの日記 8th Stage 【Go straight】

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小児科系英文誌のインパクトファクターについて

先日2016年度のインパクトファクターが発表されました

インパクトファクターの数字が云々、それで価値が計れる計れないとか色々言われていますが、そうはいってもやっぱり気になるのが人情

今までネットで調べても何か上手く調べられないなあと思っていましたが灯台もと暗しで発表元で見ればよいことに今更気がつきました

小児系を見てみると

https://jcr.incites.thomsonreuters.com/JCRJournalHomeAction.action?pg=JRNLHOME&categoryName=PEDIATRICS&year=2016&edition=SCIE&categories=TQ#

(上記はID登録の上大学からアクセス可能なものでした、すみません)


ついにJAMA Pediatricsは10を超えました、小児系のボリュームゾーンが1-2台であることを考えるとまさに雲上

Pediatricsが5、Journal of Pediatricsが3.5、Pediatric Researchが2.5、とそれぞれ何となく思っていたのが実際にはそれぞれやや上でした。ま、現状かする気配も何もないですけど


上位の方には思春期系、肥満系、発達系、新生児系がやや多めでしょうか


一方、我らが日本小児科学会が発行する英文誌、Pediatric Internationalはというと

Impact factor 0.822 107/121


小児系でインパクトファクターが付与されている雑誌121個中上から107番目、12%tileに位置しています


うーんこの


ちなみにReferenceする先としてはBRIT J HAEMATOLやBlood、Pediatric blood and cancerが目立ちます、これはつまり血液腫瘍系の論文が多く掲載されているということが予想されます。編集長の影響かしら

反対にReferenceされる先としては約半分がPLOS Oneか、、、


って思ったけど、Journal of Pediatricsでも約2~3割がReference先・元にPLOS Oneだったので、これはむしろそれだけ影響力が大きいということなんだろう。Scientific Reportはそこまで大きくなっていないのはこれからなんだろう。ま、どっちも無理ですけど


結論:僕もいつかは立派な雑誌に研究成果を報告出来るように頑張ります
スポンサーサイト

| 日記 | 19:33 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

症例報告

いつも拝読させていただいております。
症例報告をペーパーにまとめてるところなのですが、症例報告だとここが有名みたいなところはあるものでしょうか?
日本紅斑熱症例なので、感染症分類ですが、
大きいところは日本小児科学会とか小児内科とかなのかなと考えています。
小児感染免疫とか、小児皮膚科学会雑誌とか。

| みかんの国の小児科医 | 2017/06/23 10:31 | URL | ≫ EDIT

Re: 症例報告

>みかんの国の小児科医様

こちらこそ見ていただきありがとうございます。

小児皮膚科学会雑誌は正直よく知らないので、その他について


・日本小児科学会雑誌 もっとも有名。ちょっと前までは?と思うようなものも載っていましたが最近は比較的質が良くなっている気がしないでもないです。ただし、専門医に論文が必須となってからはおそらくまずはここに症例報告を出してみようと思われていることが予想され競争率が高いことと、あと査読が時間がかかりすぎるので、正直あんまりおすすめしない。ただし載ると全国の小児科医にタダで名前が売れる(のでとりあえず皆出している)

・小児感染免疫 小児感染症学会の学会誌。学会そのものはかなり雑多というか、小児救急学会と同じくらい何でもありな発表にあふれていますが、学会誌は思ったよりもしっかり査読をされているんだなということを最近身近な人が投稿したので知りました

・小児内科・小児科診療・小児科・小児科臨床 これらは商業誌なので学会誌よりはハードルは低いですが、小児内科・小児科診療・小児科では症例報告は月1-2本載るか載らないかです。一番ゆるい、もとい積極的に症例報告を載せるのは「小児科臨床」、これ一択。商業誌なのでレスポンスも早めなのもよいです。学会誌でなくてもこれらに載ると自分の論文が(タダで)全国の書店や図書館に展示・販売・収蔵されるので何だかんだいっても感慨はあります


ざっとこんなところでしょうか。お役にたてれば幸いです。

| gootarao | 2017/06/23 21:52 | URL |

ありがとうございます。
がんばって紙にしてみます。

| みかんの国の小児科医 | 2017/07/01 09:23 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/09/04 14:00 | |

Re: タイトルなし

お父さんの弟子様

いつもお世話になっております。

> JPEMが思ったよりIFが高くて良かったですね。

JPEMは自分で投稿したときには門前払いとなりましたが、、、
もちろんIFが高い雑誌に掲載されるに越したことはないですが、その閾値は3-5辺りに設定したいところです。
そして掲載される以上に引用されるかが大事なような気がします。

| hgy | 2017/09/14 16:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gootarao.blog29.fc2.com/tb.php/1334-26d2be24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT