FC2ブログ

ぐーたらおの日記 8th Stage 【Go straight】

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近読んだ本たち

最近読んだ本たち




新臨床研修制度が始まった結果医局や大学病院を通らない人が増えています。医局制度の善し悪しを論じると話が長くなるのでここでは省きますが、一部の都会や最先端の場所以外で働いている若手は「こうやってキャリアを積んでいくんだよ」という話をしてくれるロールモデルが周りにいないのでどうしたらいいのか分からず漫然と過ごしてしまう人が増えているのではないか、と思います。新専門医制度が始まってまた体制が大きく変わる時期ではありますが、この本で述べられている考え方は一つ大事だと思います




1年前に買って読んで、最近読み直した本。第一章の「ベタ・ネタ・メタ」というところだけ読んだりところどころにある「生存戦略しませんか」「甘城ブリリアントパーク」という単語だけみると「何やこれ」感がありますが、読んで面白いのは第二章から第八章です。これは私が高校時代学校を休んで東浩紀の評論を読んだりするこじれた生活をしていたからかもしれません。
示唆に富むいいことが書いてありますが、忙しい臨床に合間に読むときっと腹が立つので、学会帰りの新幹線の中や当直明けの土曜日の午後など他に何もすることの無い、心に余裕がある時に読むのがよいでしょう





この手の本はたくさんありますが、前にも書いたように臨床論文に使える表現を載せた本はまだまだ少ないです。この本はその中でも「そうそうこの動詞って論文のこういう文脈で使われているよね、でも自分で書くときには思いつかないんだよね」というところに力を置いてあるので、上手に使うと自分の拙い英語が何となくそれっぽく仕上がっていきます。全く初めて英語論文を書く人よりは1,2回書いたことがあるけどもっと熟れた表現で書いて校正に送りたい、、、と思う人向けだと思います


ついでに毎年恒例この時期になると検索が増えてくる小児科専門医がらみ



新しい版が出ましたが、学会会場で見た限りではあまり前と変わっていないような気もしないでもないですが、売り上げに貢献してくれているので更新しておきます

小児科専門医になる!! だそうです
スポンサーサイト

| 日記 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gootarao.blog29.fc2.com/tb.php/1330-ed7c1ea1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT