FC2ブログ

ぐーたらおの日記 8th Stage 【Go straight】

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小児科の教科書

小児科の代表的な教科書と言えばネルソン小児科学




この20版からはついに2分冊になり、多色刷りにもなって大分変わりましたが、本棚の幅をとることこの上ないインテリアになる可能性も高いです


あとは研修医や若いレジデントがカンファレンスでの症例プレゼンのさいにいい加減なことを言った時に


「それネルソンにそう書いてあるの?」


と少し嫌みっぽく言うだけで貴方も立派なシニアレジデントになれます、多分2週間ぐらい恨まれますけど。恨まれた後にそいつが発奮して勉強するかどうかで将来が大体分かります



ネルソンは総論が充実しているので、思わぬ生理学病理学的に大事なことがさらっと書いてあったりしてその辺の教科書よりはやっぱりすごいなとも思いつつも実臨床ではやや使いにくかったりもします


そして他の人が皆ネルソンを持っている中であえて




ネルソンが内科におけるハリソンであるとすれば、このルドルフはセシルに相当するでしょうか


デザインはこっちの方がいい、中身も充実しています


人とは違う自分が好きな方にオススメ
スポンサーサイト

| 日記 | 11:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/27 10:04 | |

Re: タイトルなし

>さま

たまにそういう親御さんがおられます、その信念は結構なのですが実際に不利益を被るのはお子さん(とその周りのお子さん)なのに…

K2シロップに至っては母乳栄養ではビタミンKが不足がちになるので特に必要だと思います、もし頭蓋内出血を起こした場合には取り返しがつかないことにもなりかねません


そして、医療行為を全て否定している訳ではないのでこちらも対応に苦慮するのです


どんな事にもリスクは伴いますが、メリットが上回ることが示されているからやるわけであって、その辺りのことをご理解頂けないと難しいですね

| gootarao | 2016/03/27 13:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gootarao.blog29.fc2.com/tb.php/1304-552196fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT