FC2ブログ

ぐーたらおの日記 8th Stage 【Go straight】

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

病院移った

諸般の事情により今月から大学病院より最寄りの市中病院で働いております。今月と来月の2か月間の予定、です。

今まで見てきていた担当患者さんにはご迷惑をお掛けしておりますが、きっと必ず戻って参りますので

4年近く大学にいると、その前に市中病院で働いていた時とは色々自分の考え方も世の中の流れも変わっていることを実感しております。あれこれ臨床の勉強もしないと、とも思う一方あれだけ時間があったのにまだまだ大学で勉強できていないことが山のようにあるなあとも思います。それらをちょっとずつ、片づけられるくらいの時間はあるので、あきらめずにがんばります
スポンサーサイト

| 日記 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大規模データベースについて考える

お医者さんが忙しい診療の合間にせっせと、あるいは月末に医事課から催促されてげんなりしながらまとめて打ち込むのが

「病名」

この診療行為を行ったのはこの病気、症状、またはその疑いがありましたよ、という保険診療のために必須なものがあります。これと診療報酬明細書(レセプト)をもとに各健康保険でえらい先生や開業医の代表の先生などによる審査が行われ、問題なければ保険から医療費が支払われる、というのがおおざっぱな仕組みです

つまりこのデータを全部統合すると国民皆保険である日本の悉皆データに相当するものになります。保険が変わるとデータが追えないとか、転機が含まれていないという欠点もありますが

似たようなものにDPCもありますが、これは入院が対象であり、かつその病院がDPCを導入していないとだめなのでそれこそ開業医などのデータが含まれないことになります(DPCには患者さんの郵便番号などが含まれるので別の使い道がありそうですが)

で、最近までこのレセプトデータベース(NDB)はあまり公になっていなかったようですが、最近になって(おそらく医療費抑制を究極の目的として)研究目的で使用可能となっています。ただし、研究目的でこのデータベースを利用しようとすると

http://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/ndb-data-practical-use_b_15400314.html

"データの集計・分析については申し出た利用目的の範囲内で一定程度の自由が認められる。利用にあたっては、予め申出を行い、有識者会議分科会の審査を受ける。有識者会議分科会の審査で承認されれば、集計表を持ち出したり、公表することもできる。

セキュリティの観点から2015年末から東大と京大の2か所に設置され、試用運営を行っている。ただし、利用できるのは、現在のところ大学等の機関と国の助成をうけた研究を行う場合のみである。"

…結構ハードル高い

そして科研費データベースで見てみると

https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=ndb%E3%80%80%E3%83%AC%E3%82%BB%E3%83%97%E3%83%88

成人というか高齢者を対象としたものがほとんど。小児科は皆さん診療で手一杯な人が殆どなので大規模疫学データを使って何かしてやろう、という人はいないのです。いつか何かやってみたいんですけどね


で、このNDBの一部は一般に公開されています

第2回NDBオープンデータ

例えば

外来(院外)_性年齢別薬効分類別数量

をみてみると、各薬剤ごとの年齢性別ごとの使用量が一品目ずつ分かるのです。結構すごくない?


誰ですか、外来で、0-5歳児にミノサイクリンを処方している人は


他にはこれらのデータをまとめたもので

第3章.3-1.医科診療行為の算定回数

のP55に

A307 小児入院医療管理料:小児を入院させる病棟または施設に関する別に厚生労働大臣が定めた基準を満たす小児科病棟に15歳未満の患者が入院した際に、1日ごとに算定する。

という、都道府県別の、加算の違いを考慮しなければ入院延べ日数が比較できるのですが

(小児入院医療管理料についてはこれが分かりやすかった、しかも都道府県別データ付き。この著者はいつも小児の医療経済の論文や記事を書かれていますね)

第3表 都道府県,年齢(3区分),男女別人口―総人口(平成26年10月1日現在)(エクセル:45KB)

これと照らし合わせてみると、15歳未満が岡山県で25万人、広島県で38万人なのに入院延べ日数がほとんど違いがないなあとか、15万人の青森県や10万人の福井県、9万人の徳島県や高知県は岡山県と比較してすごく少ないように思えるなあとか(多分、小児科医の数と相関している?)

など色々考えたり

| 日記 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |