FC2ブログ

ぐーたらおの日記 8th Stage 【Go straight】

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人生の目標

「ん、期待しとるぞ」


それがいつも締め括りの言葉だった。


「はい…」


僕はそう答えるものの、自信はあまりなかった。







高校生の当時、僕は相当に変人だった。


「オタク×不登校(気味)」というのはスクールカーストの底辺だ。45分かけて自転車で学校に行くくらいなら家でゲームする方がよっぽどマシだと思っていた。


成績も数学や理科、英語は人並みかちょい上程度。ただし、記憶力には自信があったので世界史は得意、授業をロクに聞かずに文芸書や新書を読んだりしていたので国語も得意、でも理系というますますヘンなヤツだった。


あまりに遅刻や欠席をするので病気で長期療養でもないのに出席日数で留年の危機にまで至っていたが、それでも何とか学校に行こうという気になったのは


世界史の教員で進路担当だった先生のおかげです。


心から尊敬する数少ない人物の一人ですが、世界史の授業が講談かというくらい抜群に面白いのもさることながら、僕のようなドロップアウト寸前のような者にもしっかりと話をしてくれて、話の終わりに必ず上の言葉をかけてくれたのでした。


僕は、この言葉があったから、最後の最後でどうにか頑張れた。



その後紆余曲折の上大学に入り、気がつけば高校を卒業して15年、先日同窓会がありました。


そして久しぶりにお話をすることが出来ました。聞けば今も進路担当をしつつ全国の高校生や保護者を相手に講演するだけでなく、入試制度改革について国立大学の試験担当の副学長(!)や文部科学省の課長などを相手に講演するとのこと


この人は只者じゃないと思っていたけど、やっぱりそうだった。



そして会の終わりにもう一度ご挨拶に行くと一言






「おめえ、ただの小児科医で終わるつもりゃーねんじゃろ?」



心が震えた。



そんなこと言ってくれる人は、他にはいない。



「はい、もちろん」


即答した。ここでためらうことは出来ない。



「ん、期待しとるぞ」








僕は、この言葉を聞くために同窓会に来たのだった。これで15年は戦える







「はい、もちろん」とは即答出来たが、どうなったらただの小児科医でないのかは良く分からない。大病院の部長になったり大学病院で出世するのとは、違うだろう



一つ言えるのは、「この人の期待に応えられるように頑張ろう」と思われるような人物になりたいということだ


結局、人はシステムについていくのではなく、人は人にしかついていかない。


言葉が、人を生かすのだ。



やっとそれがわかった。
スポンサーサイト

| 日記 | 23:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事きっちり

えー小児科専門医での検索で来られる方がとても多くなっておりまして、おかげさまでamazonで問題集を買って頂きほんの少しばかりポイントをもらうことが出来ました、ありがとうございました


ちなみに今居る吉備団子病院小児科は今年3名受験予定でしたが、、、。0勝3不戦敗です


ということで受験票が無事届いた方は頑張って下さい


自分もなるべく気をつけているつもりですが、お医者さんというのは日頃「先生」と言われて傅かれているような職業ですからつい無理を言ったり言葉が雑だったり締め切りを守らなかったりして周りの人に迷惑をかけていることに気づかないうちに人を傷つけたり仕事をダメにしたりしていると思うのですよ


今そのことで問題が起きているさなかですが


大学病院って組織が大きいためか市中病院の何倍も面倒な感じで、書類とか処理しないと行けない案件が末端の私から見ても山のようにあるのですが、医者が日頃軽視するそういった「雑用」とか「書類」とかを期日までにきっちり仕上げる子tが出来る人が結局上に上がっていくのだな、と思います


というか他の仕事で書類不備や締め切り破りがなあなあで何とかなるようなことって多分ないと思うので、やっぱり医者は異常なんだなと

| 日記 | 23:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハイスコアガールについて

過去に2回も取り上げたイチオシ漫画「ハイスコアガール


漫画「ハイスコアガール」スク・エニが自主回収 デジタル版もすべて削除へ


私の今の人生の楽しみの一つであるハイスコアガールが…


これのためだけに、毎月25日以降可及的速やかに表町やあるいは福山駅前のアニメイトに恥を忍んで(?)ビッグガンガンを買いに行っていたのに


今月号も福山で買ってさて帰りの新幹線で読もうかなと思ったら、載ってないじゃないですか。作者休載のコメントも特になかったのでおかしいなあ、と思っていた矢先に


スクエニの編集部or法務部が無能なのか、SNKプレイモアがふっかけたのかは分かりませんが、基本的には前者でしょうか


これで連載and単行本andアニメ化は未知の領域になってしまった、ただひたすらに残念



そして、多量に溜まっていたのでそろそろ駿河屋にでも売り払おうそのうち単行本出るだろうしと思って段ボールにつめていたビッグガンガン(特に5巻掲載分より後の連載分全て)が俄然貴重な存在となりました


忙しくて宅配買取に出していなかったけど本当に良かった、オタクの蒐集趣味も役に立つというものです

| 日記 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |