FC2ブログ

ぐーたらおの日記 8th Stage 【Go straight】

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

イトーヨーカ堂の入り口で整復した2歳男児の肘内障の一例

真面目に読まないでね


【症例】2歳男児
【主訴】左手を動かさない
【現病歴】某日夜に母親が両手を引っ張って児と遊んでいたところ急に左手を動かさなくなった。電話相談の後、診察することとした。
【既往歴】以前にも祖父母が児と遊んでいた時に急に左手を動かさなくなったエピソードがあり。その際は自然に治ったとのこと
【身体所見】
発熱なし 全身状態安定

左腕 肩関節や肘関節、手関節に明らかな腫脹や圧痛なし 手指は動かす 脈拍は末梢で触知する
【経過】
症状および受傷機転から左肘内障と診断した。
回外法で整復を試み、クリックを触知し整復し得た。痛がらずに腕を上げてバイバイ出来ることを確認し、終診とした。また母親に整復法を指導した。
【考察】
肘内障は幼児にしばしば起こる輪状靱帯から橈骨頭が逸脱した状態である。手を引っ張られることで起こるため、病歴でこの受傷機転を聴取することが重要である[1]。
整復法は


手掌を上向きにした状態で肘関節を伸展した状態から、肘窩を母指で圧迫しながら肘関節を屈曲し、屈曲し切った状態で手首を回外することで整復可能である。また整復する際に輪状靭帯が元に戻るクリックを感じられる事がある。



以上の回外法で整復出来ない場合は、手掌を下向きの状態から始める回内法を試すことになる。


整復を行っても手を動かさない場合には骨折や捻挫、脱臼を疑いレントゲンを撮影することが望ましい。力を入れて無理矢理整復しようとすると、これらを増悪させる可能性があるので行わない方がよい。

整復が完了すれば手を動かすようになるので、肘を拳上出来ることを確認すると良いと思われる。


なお整復を行ったイトーヨーカ堂は日本の総合スーパーの一つである。整復を行った場所は入り口のコムサ イズムの隣にあるベンチであった。なおこのコムサ イズムは店員が親切との評判がある(*)
イトーヨーカ堂岡山店はイオンモール岡山店(**)の進出のため食品部門を残して撤退するという噂である。
また両備ボウルの敷地内に森のマルシェなる食品スーパーがしれっと出来ているが、道を挟んだ2件隣に食品店がある立地に出店した意図は不明である。


(*) K Takahashi 岡山の服飾店についての一考察 ―僕にも優しい服屋さん―
(**)Y Higuchi 岡山の百貨店についての一考察 ―折角入るなら伊勢丹や大丸が良かった、折角なら向かいのVIVREも吸収合併してくれ、あとシネコンは入るんだね一安心-
スポンサーサイト

| 日記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPad mini Retina

サンワサプライって岡山の会社だったのね、初めて知ったよ




iPad mini Retina が出たら買うと言い続けて一年以上、ようやく販売されることになった



諸事情により手に入るのはちょっと先になりそうですが、考えるのは周辺機器のこと



どうしても、あのフロのフタが気に入らないので、フィルムを貼ったうえでケースを探すわけですが


http://www.appbankstore.jp/products/detail.php?product_id=1299


このミッフィーケースが気になってしょうがない

| 日記 | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

論文投稿

先日私も英語論文をようやく雑誌に投稿し、医者6年目でようやくインパクトファクター 1.47に手が届いたわけですが



何にせよ文章というものを書いて世の中に公表するのはとても大変なことです



そこでですが、奥さんのお父さん、いわゆるお義父さんなんですが、定年退職後沖縄に移住しリタイヤライフを過ごされているのですが


月刊むし



この、何ともシンプルな名前の雑誌に今年だけで5本も投稿されています


すごい


医療業界においては、シンプルな雑誌名ほどインパクトファクターが高い=他の人によう読まれている(例:Blood 9.06 Circulation 15.202)という法則が何となくありますが



むし業界における「月刊むし」の立場はどうなのか気になりますが、いいなあと

| 日記 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お受験だった

というわけで一昨日はカタカナ幼稚園の面接の日でした


割と、ノー対策で臨んだ感はありましたが



2013-11-08.jpg



何とかひっかっかったようです、おめでとう我が娘よ


Googleの成功はモンテッソーリ教育なしには語れない



本当かどうかは分かりませんが、まっすぐに育ってもらえればと父親としては思っています

| 日記 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |