FC2ブログ

ぐーたらおの日記 8th Stage 【Go straight】

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

運命の選択のお時間

そんなわけで今朝は今後3週間の運命を決める一大決戦があったわけです

「ハズレ」を引かないために、他のグループを希望すると二人枠に5人の希望者が

さてここで選択権を賭けた、アミダくじでございます


ここで










こういう技が使えればいいのですが、そういうわけにもいかないので残った二本の線の中から


せっかくだから右側を選んでみた




あとは











当たれ、と念じる他ない



そして




結果として優先選択権1位をげっと!!(゚∀゚)



日頃の行いが良かったのか前の日財布の中身を限りなくゼロにしたのが良かったのか

めでたく希望のところに行けました


そして後は学外での実習先を選ぶ作業が


しかしここでも二人枠に3人が。今度はジャンケンで


選択肢は…



A:ここはまず手堅くグーで様子を

B:あえて指を二本だけ出してみる

C:漢なら力いっぱい手を開くべし

D:ちょ、ちょとタンマ やっぱりジャンケンは嫌じゃあ




とりあえずDはないとして、今まで人生24年間に蓄積された初回ジャンケンにおける成功確率が最も高いエビデンスに基づいてここは選択肢Bでいってみるかセンター試験でも正解の選択肢は真ん中のほうに多いと聞くし週3回の部活において必ず数回はジャンケンをするが今までの自分の勝ち具合を振り返ってみるにこの作戦での成功率は4割をこえているはずしかしながら初回で決着がつかなかった場合における次なる作戦も念頭に入れつつここは選択肢Bに己の全てを賭けるしかないえいやあ(思考時間0.99秒)



…あらま、一発で勝っちゃったヽ( ゚∀゚)/


そしてここでも思うがまま選ばさせてもらいました


ここしばらくの運を使い切った気がする。そうしてまで選んだ実習なのでがんばってみましょう

≫ Read More

スポンサーサイト

| 日記 | 04:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐ12月

なんだかんだで第一外科も何とか終わりました

先生方が思ったより親切で(失礼)、身構えていたほどでは無かったです。手術のときは少しは手を出すことも出来ましたし

今日からは第二外科。これでいわゆるメジャー系も終わりだと思うと、長かったようで短かった気がします

問題はそこで運命の担当教官決めがあることです。つまり「ハズレ」の人がいるということで、約10%の確率で当たるハズレを何とか回避したい…


しかしてもうすぐ12月。何かと出費のかさむ時期ですが夜釣りの結果も思わしくなく財布の中身をむなしく減らしたのみ。どこかにお金がオチテナイカナー

| 日記 | 02:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

復活

国語の模試を受けていて、残り時間30分であと半分残って焦っている、というシチュエーションにうなされながら目が覚めました

なんでまた今頃になってそんな夢を見るんだろ、しかも国語得意だったのに


さて何とか嘔吐下痢症からも回復し、ぼちぼち学校に行かねばということで前日の夜に病院に忍び込んで少し勉強したりしてました


思えば高校時代もよくこんなことしてたなあ



高校3年間で、平均欠席数、遅刻数が共に年40回はあったような気がする。学校が少々遠かったというのもあって

「何となく行きたくない」

というので適当にしていたらそうなっていた。年度の最後のほうには「あとこの教科何回休んだら留年するぞ」という、ありがたい忠告を先生から受け取ったことも何度かありましたなあ


まあそんな感じで何日か連続して休んだ後休むことに飽きてきて「いい加減学校に行かんトナ」と思い出した時には、学校に行く日の前の日の放課後に学校に忍び込んで、溜まった宿題やらプリントやらを取りに行って、なるべく状態を整えた上で次の日(主に木曜か金曜)学校に行く
というのが常でした


たまに人に見つかって恥ずかしい思いをするときもありましたが


アグレッシブでポップでアヴァンギャルドでぐーたらな日々でした

| 日記 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キモチワルイ

物を食べても気持ち悪い、上部消化管不快感が続きますタスケテ

≫ Read More

| 日記 | 02:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

引き続き寝込み中

二日連続で14時間睡眠の結果、症状は落ち着きつつも全身倦怠感その他は改善せず

いま医療機関でも流行ってるらしいので 皆様ご注意を


そんな中で手に入れたオトク、かもしれない情報

http://event.rakuten.co.jp/campaign/lawson/


楽天会員だと、アノ溜まりにくい楽天ポイントがちょっとは手に入るので良かったらどうぞ



…レポートどないしよ

| 日記 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頼りになるのはお医者様

現病歴:昨日10時頃より突然嘔気・悪寒に襲われ、食べた物を全て嘔吐する。その後も水分等を摂取するも全て嘔吐。下宿先で1日動けず、最終的に南斗最後の将に連絡を取り、タクシーで帰宅

既往歴:下痢(年の約半数)


家族歴:父親が先週末同様の症状で寝込む。母親は昨日より同じ症状。


診断:嘔吐下痢症、脱水


帰宅後経過:南斗最後の将に家にあったソリタT-3、プリンペラン、アリナミンの点滴静注をしてもらい現在小康状態となる。経過観察



イヤーーー、も、ホンマにキツイでコレは

今流行ってるみたいなのでご注意を

| 日記 | 23:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脳内コンテンツ消化期間

先日手術時間が6時間でどーとか書きましたが

どうやら来週は10時間コースになるみたいです


食事もトイレもなし、動けない10時間…




( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \




いやいや、せっかく外科に来たのですから難しい手術も見ておくべきなのです勉強になるのです




…やっぱり医者はマゾじゃないとやってけないのか



問題は、手術している場が直接見られれば良いのですが、大抵先生方が取り巻いていらっしゃるので何にも見えない時がかなりあるということ


手術モニターを見ればいいのですが、それなら何のために間近に行って金縛りの刑を受けねばならんのだということに


そういう時は頭の中でひたすら他の事を考える、というか思い出すことに



しかし10時間もあったりすると



例えば「ダイの大冒険」だと最初のアバンのメガンテからダイが大魔王バーンを倒すところまで何回プレイバック出来るんだっちゅう話で

勤行しつつ脳内コンテンツを順に消化することになりそうです


とりあえず今週末にコンテンツを増やしておくか…

| 日記 | 14:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外科続き

外科での病院実習は朝が早い。基本8時集合にスレスレで来ているのですが

今日にいたっては朝7時。6時過ぎには起きねばならない、というかもう起きてから5時間も経ってるし

昨日は手術で7時間、内6時間ほど立ちっぱなしでした。病院実習が始まったころは途中で気分が悪くなったりするのではと思ったけど、最近では少なくとも6時間は耐えられるようになってきたみたい

先週は殆どすることが無かったけど今週は色々とやることが増えてきた。ぼちぼち真面目に勉強しないと

| 日記 | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意外に暇が

学園祭こと鹿田祭も終わり、先ほど打ち上げも終わってようやうすべて終わった感じがあります

その合間に今度は第一外科の病院実習が始まりました。ここは難所と評判、だったのですが

月曜日 患者さんが金曜日に入院と知らされる→即帰る
火曜日 市内S病院にて実習。手術を一件見学して帰る
水曜日 S病院の創立記念日で休み
木曜日 朝から手術見学予定
金曜日 患者さんに会う、部活の打ち上げ


あーんまりすることがない。レポート作成という宿題はありますが、それ以外は特に

おかげで日、月、火の夜は12時間睡眠という素晴らしい生活。ビバ一外!(今のところ)

| 日記 | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鹿田祭二日目の夜に

今日も仕事をして、さて部活でも覗いてみたら案の定潰れたのがいて、しばらく介抱した後引き取って帰ってきたのがこの時間と


昨日大事を取ってさっさと寝たのが良かったようです

朝起きれるのかしら


こんな街中のキャンパスで、大学病院が同じ敷地にあって、そこで毎晩飲み会をしちゃあ酔っ払いが大量発生して(未成年含む)うるさくて病院や近隣住民の方から苦情が殺到するようなイベントのどこに客観的存在意義があるのかと言われたら、どうなんでしょうなというのが私の正直な感想でもあります

「年に一度のことだから」で学生側は済ましてしまうけど、入院してる人にとっては夜寝られないってのは真に辛いだろうし、「大学病院」という高度な医療機関にかかって何でこんな馬鹿騒ぎに巻きこまれにゃならんのかと思うのもむべなるかなと

楽しみにしている人は多いけど、実行委員の献身的な犠牲心の上に成り立つ、ほぼ身内だけで盛り上がるイベントは「学園祭」と言えるのか?

そんなもんだといえばそんなもんかもしれないけれど

この疑問に答えるために後輩と南斗最後の将と私の3人で始めた、一般の傾けの企画「医学展」は今年で3年目になり、リピーターの方もおられるようになるくらいにはなりました。私は去年2年目の責任者としては全くの無能者で失敗ばかりでしたが、今年はその反省を生かして後輩がとても上手くやってくれています。我々がやってきたことは無駄ではなかったと思う

今年のテーマは「救急」だったので、BLSという一次救命措置を中心に展示や実演を行ったのですが、今日までに目当てで来てくださった方も、たまたま通りがかってそのまま足を運んでくださった方も含めた何百人かの内の何人かでも、AEDの使い方がちょっとでも分かってくださればやった意義はあると思うのです


一方、人に何かを伝えることの難しさ、楽しさ、大切さを思い知ることが出来た私は、幸せなのかもしれない


学生生活も残り1年半を切りました。学生の間に誰かにまだ何かを伝えることが出来るのだろうか?

| 日記 | 04:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

学園祭まっただなか

えーもー忙しい日々です

ほしのあきのおかげで人が沢山来てくれています

どれくらい忙しいかというと

緑色便が出るくらい消化管が弱っています

今晩が一番盛り上がるので、多数の迷惑行為者が生じると思うので今からが大変

月曜から外科回りだけど、大丈夫か?

| 日記 | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

期待と不安と

前日の準備が終わりました

今日の主な仕事は、夜の見回りで酔っ払いを返すのと吐瀉物の掃除でした

これが学園祭実行委員の仕事です

そして街中の大学病院のあるキャンパスでやっているのでそこここから騒音苦情が舞い込むという不幸がドッキング

まあ飲んだり騒いだりするのもこの年1回だけはと思ってる人が殆どなのでしょうがない面もあるのだろうが

ここでも忍耐力が必要とされます

明日は揉め事が起きないでほしい…


それとは別に昼の仕事としては医学展という、一般の方向けの企画で健診コーナーを根限りやります。何人来るか分からないけど、今回3回目でもやるのはやっぱり楽しいからだと思う。あと去年の禊も含めて

病院実習でも患者さんを相手に色々勉強させてもらっているけれど、人数は限られているのでこういう場で沢山の人と接することが出来るのは楽しいし良い経験になっていると思う

がんばります

| 日記 | 02:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

問診と診察とクリームソーダの日々

今日はレポートの発表の日でした

レポートが出来たのは、2人前の人が発表している時という超突貫工事

そもそも担当患者さんが入院したのが月曜で、会えたのが火曜の夕方だったという厳しい局面で何とかできただけよかった

総合診療内科の外来実習では計5人の新患患者さんを診ることが出来ました。他の班と比べると人数は少ないみたいですがその分じっくり話を聞いたり診察したり出来たので良かったです

あと医局ではクリームソーダを良くご馳走になりました。おいしかった


さて明日から学園祭で今日は準備でこれからおおわらわになる予定。仕事いっぱいてんこ盛り

がんばります

| 日記 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東洋経済の医療特集についての雑感

せっかく毎日朝8時半にきっちり行ってたのに今日寝坊してパーですわ

皆様ゴメンナサイ

今日も外来の患者さんを一人診ました。大分慣れてきつつありますが、やっぱり難しい


さてやっと大体読んだ東洋経済ですが、大体の話は医療業界(というか医者)お先真っ暗ではないかというお話でした

医学部受験生はとりあえずこれを読んでみて、本当にそれでも医学部に進みたいのかと考えてみるとよいかもしれない。あーあと無理な要求をしてくる親に現実を知ってもらうというのにも使えるかも。医療界が抱える、学年が上がると嫌でも耳に入ってくるありがたくない現状と問題点について分かりやすくまとめてあります

大雑把にまとめると、医者の側では労働環境がどんどん厳しくなるし、一方患者の側では制度の改悪や医療アクセス格差によって良質な医療が必ずしも受けられなくなりつつあるということです

「ワリ」に合う職業ではないことが良く分かると思うので、これで心が揺らぐ位ならとっとと文Ⅰなり理Ⅰなり受けた方がその後の人生の為だと思う。それでも敢えて厳しい業界に入りたいと思うのならば、医者になってこれがやりたい、もしくはこういうことはやりたくないという考えがないと、学年が上がってくるにつれて段々違和感を感じるようになるだろう

ちょっと偉そうに書いてしまいましたが、これが自分が持った率直な感想です、反省も含めた

あーヤダヤダ、どうしたらよくなるんだろね

| 日記 | 02:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |